バラの嫁入りと二十日ぶりのアトリエ

仕事上でもお世話になっている友だちが、
僕がバラを育て始めたことを知ってお母さまが育てられているバラを嫁入りにと持参してくれました。